ペレスター HPS-200

新築のお宅にペレスターHPS-200です

壁面のレンガ調が

ペレットストーブを際立たせています。

排気筒貫通部は床から1750mm

このくらいが丁度いい高さで、壁面の筋交いも交わせる位置です。

 

ペレスターHPS200
HPS-200は、本体の真ん中から排気筒が出ています。

そのまま立ち上げると壁面のセンター位置になりますが、

この施工の場合、壁面センターに間柱があるため、

本体からT字管を45°の角度でつけ、45°エルボを1本いれて、

センターをかわしています。