ストーブクッキング番外編 ”灰干し”

ペレットストーブでも 薪ストーブでもできる美味しい料理の紹介です。

”灰干し”をご存知でしょうか?

”煮干し” ”天日干し” はよく聞くと思います。

灰で作った干物が”灰干し”です。

 

九州では火山灰を使って干物を作るそうです。

灰干しわかめ なんかもよく聞きます。

ペレットストーブの灰は細かく炭がなくきれいなので、そのまま使って

作ってみました。

   
今回はアジ 丸ざかなって 買えるとこ少なくなりましたね


塩水に浸けます。

魚が浸かるくらいの量の水 酒 少し 塩 やや多め こんなところでしょうか

1時間くらいあればしっかり浸かります。塩味効かせたいときはちょい長めで

 


お菓子の箱がちょうどいい大きさでした。

灰がこぼれなければどんな箱でも大丈夫です。


灰を敷いて キッチンペーパーを敷き


主役を投入

またその上にキッチンペーパーをかけ


灰で全部を覆います。魚の大きさ分だけ灰があれば大丈夫

 

そのまま 1日 放置です。

魚なので、暑くないところで保管してください。

 


開けてみましょう 灰が水分を吸った感じがします。

魚に灰がつかないように 慎重にキッチンペーパーを取ります。


美味しそうです。 キッチンペーパーが魚体に張り付いている場合もありますので注意


魚の形に 水分を吸った跡が残ります。灰は捨ててください。


出来上がり

焼いてみますと、天日干しよりも生の食感が残っています。

なおかつ味は凝縮

日干しでは熱が加わりますので魚体の成分は多少変わりますが、

灰干しは低温熟成みたいな感じです。

 

ぜひお試しください。