灰で燃焼状態をチェックしましょう

いい灰と悪い灰のご紹介です。

煙突掃除をしていますと、そのストーブがどんな燃え方をしているのかがわかります。

 

いい場合の写真

IMG_4526
いい燃焼をしていますと、とにかく灰がサラサラ

掃除が容易にできます。

煙突の長さに比例して溜まっている灰の量が多くなります。

IMG_4677
横引き部分もこのくらいの灰がたまります。サラサラなので掃除機で吸うだけで取れます。

IMG_4678
ストーブから出てすぐの部分

IMG_4426
ペレットストーブの煙突で、3mを超えるような長いものは、どうしても先に行くに従って冷えます。

その場合でも、いい燃焼の場合は、黒いけどサラサラな灰になります。このくらいであればOKです。

 

今度は ダメな場合の写真です

IMG_4632 IMG_4633
IMG_4521
黒くて固まっているのは、とっても良くない場合です。

1シーズン持たないうちに煙突が詰まってしまうのは、灰が出過ぎの燃料です

写真はストーブから出てすぐの部分ですが、この先は、黒いの(ススです)が水分と一緒になって、泥のようになっています。

IMG_4706
こうなってくると、掃除はものすごく大変ですし、煙突内部はブラッシングしてもキレイになりません。

このままご使用になりますと、煙突内のタールが発火して煙道火災になります。

IMG_4705
ストーブの灰受けの灰 塊ができている場合、煙突内部は真っ黒べったりの可能性大

 

これらの原因

燃料が悪い

安い燃料はそれなりです。

 

機械の調整があっていない

ある程度まで機械の方で燃料に合わせた燃焼はできます。が、ペレットの大きさが変わってしまうペレットはお手上げです。対応方法がありません。

 

煙突が長すぎる

これは見ただけでわかりますので、対処法はあります。

 

梅雨時期は灰が水分を含むので、多少取りづらくはなりますが、サラサラ灰であれば問題なく取れます。

 

ダメな燃焼を長期間行えば、ストーブ、煙突ともにダメになってしまいます。

セルフクリーニングをされる皆様は、灰チェックを必ず行ってください。