Φ80排気筒の鳥の巣

春になって、鳥も大忙しです。

先週の土曜日

お客様から”着火しない”と一報いただきまして、

点検に行きました。

原因は”鳥の巣”

結構いっぱい詰まっておりました。

鳥の多い地区なので、巣を撤去し、無事に着火はできました。

当日、排気筒トップにつける防鳥トップを持参していなかったので、

後日取り付けますとのことで退散

日曜日、またお客様より”着火せず”とご連絡いただき、

駆けつけましたれば また鳥の巣

それも前回よりも大きめ

私も初めての経験でしたが、まさか1日、いや、数時間の間に

こんなにもしっかりとした巣を作れるものなのかと

関心してしまいました。防鳥トップも取り付けましたので

もう大丈夫でしょう。

寒い思いをさせてしまいまして、申し訳ございませんでした。

 

防鳥トップは通年付けておくことでいいのですが、

その形状によって、灰、ススの付着で詰まる場合があります。

ベストはつけないことなのですが、

防鳥トップが付いている場合、その先っぽを定期的に見ていただく必要があります。

ちょっとでも付いていれば、ホウキでささっととってもらえれば問題なしです。

もずひな